埼玉医科大学病院 放射線科

HOME >> 埼玉医科大学 国際医療センター 放射線腫瘍科 >> 学会・研究 24年度 

 

 

 



腫瘍放射線公式HP


 



埼玉医科大学総合医療センター 放射線科

学会・研究

平成28年度 平成27年度 平成26年度 平成25年度 平成24年度 平成23年度

平成24年度(2012)

原著論文

  1. Ito Y, Morikawa S, Kato S, Kajiyama H, Nawa A, Kikkawa F. Carbon ion radiotherapy for recurrent malignant transformation from mature cystic teratoma of the ovary. J Obstet Gynaecol Res. 38 (5): 880–883, 2012.
  2. Ohno T, Dang HQT, Kato S, Devi B, Ngo TT, Thephamongkhol K, Calaguas M, Zhou J, Chansilpa Y, Supriana N, Erawati D, Banu PA, Cho C-K, Kobayashi K, Nakano T, Tsujii H. Radiotherapy concurrently with weekly cisplatin followed by adjuvant chemotherapy for N2–3 nasopharyngeal cancer: a multicenter trial of the Forum for Nuclear Cooperation in Asia. J Radiat Res. 54 (3): 467-473, 2012.
  3. Tokumaru S, Toita T, Oguchi M, Ohno T, Kato S, Niibe Y, Kazumoto T, Kodaira T, Kataoka M, Shikama N, Kenjo M, Yamauchi C, Suzuki O, Sakurai H, Teshima T, Kagami Y, Nakano T, Hiraoka M, Mitsuhashi N, Kudo S. Insufficiency fractures after pelvic radiation therapy for uterine cervical cancer: an analysis of subjects in a prospective multi-institutional trial, and cooperative study of the Japan Radiation Oncology Group (JAROG) and Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG). Int J Radiat Oncol Biol Phys. 84 (2): e195-200, 2012.
  4. Toita T, Kato S, Niibe Y, Ohno T, Kazumoto T, Kodaira T, Kataoka M, Shikama N, Kenjo M, Tokumaru S, Yamauchi C, Suzuki O, Sakurai H, Numasaki H, Teshima T, Oguchi M, Kagami Y, Nakano T, Hiraoka M, Mitsuhashi N. Prospective multi-institutional study of definitive radiotherapy with high-dose-rate intracavitary brachytherapy in patients with nonbulky (<4-cm) stage I and II uterine cervical cancer (JAROG0401/JROSG04-2). Int. J. Radiat Oncol Biol Phys. 82 (1): e49–e56, 2012.
  5. Nakamura N, Tsunoda H, Takahashi O, Kikuchi M, Honda S, Shikama N, Akahane K, Sekiguchi K. Frequency and Clinical Significance of Previously Undetected Incidental Findings Detected on Computed Tomography Simulation Scans for Breast Cancer. Int J Radiation Oncology Biology Physics, 2012;84; 602-5.
  6. Nakamura N, Shikama N, Takahashi O, Sekiguchi K, Hama Y, Akahane K, Nakagawa K. The relationship between the bladder volume and optimal treatment planning in definitive radiotherapy for localized prostate cancer. Acta Oncologica 2012; 51; 730-4.
  7. Shikama N, Sasaki S, Shinoda A, Koiwai K. Treatment Outcome of Elderly Patients With Glioblastoma who Received Combination Therapy. Am J Clin Oncol 2012; 35:486–489.
  8. Shikama N, Nakamura N,Kunishima N, Hatanaka S, Sekiguchi K. Identifying Patients Who Are Unsuitable for Accelerated Partial Breast Irradiation Using Three-Dimensional External Beam Conformal Techniques. Int J Radiat Oncol Biol Phys, 2012; 83, e313–318.
  9. Shikama N, Kumazaki Y, Tsukamoto N, Ebara T, Makino S, Abe T, Nakahira M, Sugasawa M, Kato S. Validation of nomogram-based prediction of survival probability after salvage reirradiation of head and neck cancer. Jpn J Clin Oncol. 2013; 43: 154-160.
  10. Okonogi N, Ebara T, Ishikawa H, Yoshida D, Ueno M, Maeno T, Suga T, Nakano T. A seven-year disease-free survivor of malignant pleural mesothelioma treated with hyperthermia and chemotherapy: a case report. J Med Case Rep. 2012 Dec 28;6(1):427.
  11. Sato Y, Ebara T, Sunaga N, Takahashi T, Nakano T. Interaction of radiation and gefitinib on a human lung cancer cell line with mutant EGFR gene in vitro. Anticancer Res. 2012 Nov;32(11):4877-81.
  12. Kawamura H, Ebara T, Katoh H, Tamaki T, Ishikawa H, Sakurai H, Nakano T. Long-term results of curative intraluminal high dose rate brachytherapy for endobronchial carcinoma. Radiat Oncol. 2012 Jul 23;7:112.
  13. Matsuo Y, Onishi H, Nakagawa, Nakamura M, Ariji T, Kumazaki Y, Shinbo M, Tohyama, Nishio T, Okumura M, Shirato H, and Hiraoka M. Guidelines for respiratory motion management in radiation therapy. J Radiat Res, 2013;54(3):561-8.
 

 

総説、著書

  1. 加藤真吾,若月優,吉田謙,磯橋文明,野田真永,村上直也,櫻井英幸,他.特集。婦人科領域における三次元画像誘導小線源治療.臨放58 (3), 379-431, 2013.
  2. 戸板孝文、青木昌彦、生島仁史、宇野 隆、大野達也、加藤真吾、兼安祐子、野田真永.放射線治療計画ガイドライン2012版.  日本放射線腫学会(金原出版)2012; 195-216.
  3. 嘉村敏治、戸板孝文、加藤真吾、他.日本産科婦人科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会編.子宮頸癌取扱い規約 第3版.2012年4月.金原出版株式会社、東京.
  4. 嘉村敏治、戸板孝文、加藤真吾、他.日本産科婦人科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会編.子宮体癌取扱い規約 第3版.2012年4月.金原出版株式会社、東京.
  5. 鹿間直人.乳房切除術後(進行乳癌).乳腺腫瘍学 日本乳癌学会編(金原出版)289-92.
  6. 鹿間直人.放射線治療における個別化―乳房温存療法後の放射線療法の多様化と個別化. 腫瘍内科 科学評論社 2012;10;126-30.
  7. 鹿間直人.多施設共同大規模データベースの意義JROSG(Japanese Radiation Oncology Group)05-5試験の意義.乳癌(第2版)基礎と臨床の最新研究動向 日本臨床 2012; 70; 773-76.
  8. 大室夏生、磯部浩一、鹿間直人、伊丹純、末山博男、小口正彦、長谷川正俊、小泉雅彦、浅川勇雄、玉本哲郎、礒橋文明.放射線治療計画ガイドライン2012版.  日本放射線腫学会(金原出版)2012; 242-45.
  9. 鹿間直人.臨床放射線腫瘍学 最新知見に基づいた放射線治療の実践. 日本放射線腫瘍学会 日本放射線腫瘍学会研究機構(南光堂)2012; 508-11.
  10. 鹿間直人.DCISの放射線治療 乳癌の臨床№6(篠原出版新社)2012; 27 681(25)-85(29).
  11. 熊﨑祐, 他:放射線治療の品質管理と測定技術 –高精度放射線治療に対応した実践Q&A-, 中外医学社, Pp38-39,82,97-98,181-184, 2012.(編者)
  12. 熊﨑祐, 他:臨床放射線腫瘍学―最新知見に基づいた放射線治療の実践(日本放射線腫瘍学会・日本放射線腫瘍学研究機構編集), 南江堂, 87-90, 2012
  13. 熊﨑祐, 黒岡将彦, 角谷典之. AAPM TG-142「Quality assurance of medical accelerators」翻訳本. 平成23年度がん研究開発費「A-3.a放射線治療の品質管理・品質保証の体制確立のための研究」, 2012
  14. 熊﨑祐, 塚本信宏.  CyberKnifeの最近技術. Rad Fan 10(3):2-5, 2012.
  15. 熊﨑祐, 山田宗裕. 密封小線源治療における線量標準の導入-. 日本放射線技術学会誌 68(5): 633-636, 2012
  16. 熊﨑祐: CyberKnife®の技術解説〜MultiPlanによる治療計画〜サイバーナイフの技術解説~. Rad Fan 11(2):2-4, 2013.
  17. 岡本裕之, 黒岡将彦, 宮浦和徳, 脇田明尚,遠山尚紀,熊崎祐.詳説放射線治療の精度管理と測定技術−高精度放射線治療に対応した実践Q&A−.中外医社.東京.2012
  18. 牧野壮壱鹿間直人.サブタイプを考慮した乳房温存術後放射線治療-今後の方向性.これからの乳がん診療.(金原出版)2013;6;92-96

 

学会発表

  1. 田巻倫明,大野達也,清原浩樹,野田真永,大久保悠,安藤謙,若月優,加藤真吾,中野隆史:子宮頸癌放射線治療後の照射野辺縁のリンパ節再発に対し重粒子線治療が有用であった2例.第52回婦人科腫瘍学会学術講演会.2012年7月,東京.
  2. 唐澤久美子,安藤謙,若月優,加藤真吾,清原浩樹,生水真紀夫,鎌田正:婦人科領域の悪性黒色腫に対する重粒子線治療の経験.第52回婦人科腫瘍学会学術講演会.2012年7月,東京.
  3. 加藤真吾,大野達也,若月優,唐澤久美子,中野隆史,辻井博彦:局所進行子宮頸癌に対する同時化学放射線治療に関するアジア地域国際共同臨床第II相試験.第52回婦人科腫瘍学会学術講演会.2012年7月,東京.
  4. 安藤謙,若月優,加藤真吾,大野達也,唐澤久美子,中野隆史,生水真紀夫,鎌田正:局所進行子宮頚部扁平上皮癌に対する重粒子線治療成績.第52回婦人科腫瘍学会学術講演会.2012年7月,東京.
  5. 若月優,加藤真吾,大野達也,唐澤久美子,安藤謙,清原浩樹,中野隆史,鎌田正:局所進行子宮頚部腺癌に対する重粒子線治療の有効性と安全性.第52回婦人科腫瘍学会学術講演会.2012年7月,東京.
  6. Shingo Kato. Long-term follow-up results of a multi-institutional phase II study of concurrent chemoradiotherapy for locally advanced cervical cancer in Asia. 4th JASTRO-KOSTRO-CSRO Trilateral Symposium. Tokyo, November 2012.
  7. 若月優,大野達也,加藤真吾,野田真永,北本佳住,吉田大作,大川綾子,安藤謙,中野隆史.子宮頸癌に対するCT-based Image-guided BrachytherapyにおけるHR-CTVの標準化に向けて.日本放射線腫瘍学会第25回学術大会.2012年11月,東京.
  8. 加藤真吾.ランチョンセミナー「婦人科腫瘍に対する3次元画像誘導小線源治療」.日本放射線腫瘍学会第25回学術大会.2012年11月,東京.
  9. Ohno T, Kato S, Wakatsuki M, Karasawa K, Nakano T, Tsujii H. Radiotherapy concurrently with weekly cisplatin followed by adjuvant chemotherapy for N2-3 nasopharyngeal cancer: Multicenter trial of the Forum for Nuclear Cooperation in Asia (FNCA). 日本放射線腫瘍学会第25回学術大会.2012年11月,東京.
  10. 兼安祐子, 藤原久也, 西村哲夫, 大野達也, 櫻井英幸, 生島仁史, 楮本智子, 宇野隆, 播磨洋子, 戸板孝文, 徳丸直郎, 喜多みどり, 五味弘道, 高橋健夫, 加藤真吾, 中野隆史, 野田真永, 堤ゆり江, 清原浩樹.平成22•23年度JASTRO 研究課題報告:子宮頸癌治療後のQOLに関する全国調査-放射線療法と手術療法の比較:中間報告-.日本放射線腫瘍学会第25回学術大会.2012年11月,東京.
  11. Ando K, Kato S, Wakatsuki M, Kiyohara H, Ohkubo Y, Karasawa K, Kamada, Nakano T. Dose-volume parameters in CT-based image-guided brachytherapy for cervical cancer. World Congress of Brachytherapy. Barcelona, Spain, May 2012.
  12. 鹿間直人.シンポジウム「乳癌領域における放射線治療医に求められる資質」日本乳癌学会第20回学術大会, 2012, 熊本
  13. 鹿間直人. サテライトシンポジウム「放射線科からみる骨転移診断治療の現状と今後の展望」日本乳癌学会第20回学術大会, 2012, 熊本
  14. 鹿間直人.シンポジウム「乳癌治療の過去と未来 放射線治療」日本癌治療学会第50回学術大会,2012,横浜
  15. 塚本信宏,熊﨑祐、呼吸同期評価用ファントムを用いたサイバーナイフの動体追跡精度と線量分布への影響第24回日本高精度放射線外部照射研究会、横浜、2012
  16. 熊﨑祐, 中村健宏, 宮川竜太, 木内克典, 五十嵐廣之, 柏山史保, 塚本信宏, 江原威, 鹿間直人, 加藤眞吾:ビデオカメラシステムによるSynchronyトラッキング精度評価, 第24回日本放射線腫瘍学会,東京,2012
  17. 加藤昭子,熊﨑祐,高松聡,渡辺伸樹,岡田智子,鈴木裕之,尾形智幸,黒田順平,塚本信宏. 前立腺IMRTの位置決めにおける骨照合と金属マーカ照合の比較, 第24回日本放射線腫瘍学会,東京,2012
  18. 柏山史保, 塚本信宏, 熊﨑祐, 宮川竜太, 中村健宏, 木内克典, 五十嵐廣之, 川口修, 土器屋卓志, 茂松直之. サイバーナイフによる肝定位照射の初期経験, 第24回日本放射線腫瘍学会,東京,2012
  19. 牧野壮壱,古平喜一郎,小野里侑祐阿部孝憲熊崎祐江原威,上野宗久,鹿間直人,加藤眞吾:中・高リスク前立腺癌に対する外部照射併用高線量率組織内照射の有害事象と治療成績.日本放射線腫瘍学会第25回学術大会.2012年11月,東京.
  20. 阿部孝憲江原威, 加藤真吾. 子宮体癌に対する3D Image-Guided Brachytherapyの初期経験. 群馬放射線腫瘍研究会.2012年9月、群馬

 

教育・招待講演

  1. 熊﨑祐. 画像誘導放射線治療,東北大学がんプロフェッショナル講座,仙台,2012
  2. 熊﨑祐. 画像誘導放射線治療,第1回JASTRO医学物理セミナー,東京,2012

【総数:論文13件、総説・著書18件、学会発表20件、教育・招待講演2件】

上