埼玉医科大学病院 放射線科

HOME >> 埼玉医科大学 国際医療センター 放射線腫瘍科 ご挨拶 

 

 

 



腫瘍放射線公式HP


 



埼玉医科大学総合医療センター 放射線科

ご挨拶

加藤教授 放射線科医をめざす学生、若手医師の皆さん

埼玉医科大学国際医療センター
放射線腫瘍科のホームページにようこそ!

埼玉医科大学 国際医療センター 放射線腫瘍科
教授・診療科長 加藤 眞吾


埼玉医科大学国際医療センターは、大学病院内に「包括的がんセンター」を有しているユニークな病院です。当院では全ての領域のがんに対して高いレベルの診療を行うとともに、様々な基礎的・臨床的研究、およびがん診療に関する高いレベルの卒前・卒後教育を行っています。

当院では腫瘍内科医、腫瘍外科医、放射線腫瘍医、精神腫瘍医、緩和医療医などがCancer Board(キャンサー・ボード)を構成し、ほぼすべての患者さんの治療方針を合議で決定し、その治療に当たっています。放射線腫瘍医は多くのキャンサー・ボードに参加し、臨床各科との共同で様々な集学的治療を行っています。

放射線腫瘍科では、放射線腫瘍医、医学物理士、診療放射線技師、看護師がチームを組んで、患者さんに安全かつ効果的な放射線治療を提供しています。放射線治療の実績は全国5指に入り(2012年度の放射線治療新規患者数は1200人以上)、非常に多くの種類のがんの治療に対応しています。外部照射、小線源治療ともに充実しており、強度変調放射線治療(IMRT)や定位放射線治療(SRT)などの高精度の外部照射、およびCTやUSを用いた画像誘導小線源治療(3D-IGBT)などの最先端の治療で国内の放射線治療をリードしています。

研究面では特に臨床研究に力を入れており、国内の多くの多施設共同臨床試験に参加しています。また放射線腫瘍医と医学物理士が共同で、画像誘導小線源治療や体幹部定位放射線治療などの臨床研究を進めています。当科は放射線治療に関するいくつかの腫瘍の臨床研究で日本をリードする存在となっています。

教育面では放射線治療学や放射線生物学のみならず、腫瘍内科医や腫瘍外科医との共同で、腫瘍学全般について幅広く教育を行っています。がん治療に携わる一医師として基礎的な素養を身につけることから、国際的なレベルの放射線腫瘍医の育成まで対応しています。

国際的には、国際原子力機関(IAEA)やアジア原子力協力フォーラム(FNCA)の活動に携わっており、海外の放射線腫瘍医との交流も盛んに行っています。また海外からの留学生も受け入れています。

3D IGBT埼玉医科大学国際医療センターの放射線腫瘍科は、がんの治療医を目指す学生および若手医師の皆さんにとって、成長し発展していける場であると信じています。是非、私達とともに明日のがん治療を担っていってくれることを期待しています。

 

 

子宮頸癌に対する3次元画像誘導小線源治療(3D IGBT)


加藤 眞吾 プロフィール
1957年京都府生まれ。東京都立青山高校卒業。1983年群馬大学医学部卒。博士(医学)。
日本医学放射線学会放射線治療専門医。
趣味&特技:蝶の蒐集、自然探索。

上